一度知ってしまったら、二度と知らなかった昔には戻れない

辨天娘(鳥取県)太田酒造場

明治42年創業。
芯の通った酒を醸す、鳥取で一番小さな酒蔵。
廃業寸前の平成14年、上原浩先生の指導のもと見事復活を果たした情熱の蔵元で、仕込みは社長を含め3人。
骨太の完全発酵を目指し、どの酒もしっかりとした酸を持つ、燗上がりのする食中酒です。
< 前のページ
次のページ >
5件 [ 1-5 ]