一度知ってしまったら、二度と知らなかった昔には戻れない

蔵太鼓・喜多の華(福島県)喜多の華酒造

大正8年創業。
当初の銘柄は「星正宗」、二代目が蔵の街「喜多方」を代表する酒を目指す意味で「喜多の華」に名称を変更。
三代目蔵元「星敬志」氏が杜氏を兼務。
長女の里恵さんも造りに参加、「味のふくらみと旨味の中に清々しさを感じさせる酒」を目指し、
根性(愛情)を込めた酒造りに精進しています。
< 前のページ
次のページ >
5件 [ 1-5 ]